古代 ~ 平安の結婚

古代では、恋愛はきわめておおらかでした。
結婚との線引きは曖昧で、男女が気ままに結婚する「集婚」が行われていました。
当初,生まれた子は母のもとで育てるものでした。
やがて男性が女性の家に通う「妻間婚(つまどいこん)」の形に発展していきます。
古墳時代にこの「妻間婚 ( つまどいこん ) 」が行われたようで、
“つまどい”の語は、古事記や日本書紀、万葉集などに見られます。
「妻間婚」は、結婚とはいえ、夫婦は別居の形をとっていました。
求婚は男性が女性の家の窓や、戸口の隙間などから呼んだり、
男性の求婚歌に、女性歌が答えるなどの方法がとられていました。
有名な「竹取物語」も、5人の貴族がかぐや姫の婿になろうと、
あらゆる手段を用いて、”よばひ ( 呼ばひ )”、求婚をしています。
平安時代になると「 源氏物語 」にも書かれているように、
夫が妻の実家に会いに行く通い婚を経て、同居するのが一般的となります。
こうして「 妻間婚 」は、次第に「 婿取り婚 」に形を変え、
同時に別居から同居( 女性側 )へ移行して行きました。

Castelmagno

カテゴリー  人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>