江戸時代 嫁取り婚

江戸時代になり、家父長制が強まると婚姻は家を中心に取り決めるように。
結婚に「 仲人 」が介在するようになり、
江戸後期には現代の見合い結婚に近い形が全国に広がりました。
江戸中期には、浪人武士、町人などの間に
「 肝煎所 ( きもいりじょ ) 」と呼ばれる 「 結婚媒介業 」 が登場。
「 肝煎所 」 は職業紹介も兼ねていたようで、
雇用斡旋業から結婚媒介所へ移行した人もいて、
繁盛していた様子がうかがえます。
一方、大多数を占めていた農漁村には、
比較的自由でおおらかな恋愛関係や、性的関係が存在していました。
寝宿 ( ねやど ) と呼ばれる同世代の若者が寝食を共にする家があり、
「 夜這い 」 など男女の自由な交際が行われていたようです。
古くは求婚を意味したこの「 夜這い 」は、
結婚の媒介や性の教育機関の役割を果たしていましたが、
「 豊かな家 」 と 「 貧しい家 」の階層分化が進むに従い、
嫁入り前の男女の直接的な交渉は、不道徳なものとみなされるようになり
徐々に衰退していったということです。

Castelmagno

カテゴリー  人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>